Wellcome!!
sachiko's bookshelf
プロフィール

sachiko

Author:sachiko
☆ニックネーム・・"sachiko"
☆出身・・千葉県
☆趣味・・ショッピング
☆メッセージ・・はじめまして。ブログ管理人のsachikoです♪ 片田舎の海の町でのんびりネットビジネス生活をおくっています。よかったら、コメント&メッセージくださいね☆

FC2ブログランキング
Pingoo!ブログ


総合検索エンジンひらめき情報STREET




アクセス解析
注目!!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
お料理&天気予報

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

もうひとつのオリンピック
son_logo.gif

 
スペシャルオリンピックスという団体を知っていますか?
今年は4年に一度のオリンピックイヤーですよね。実は世界にはもうひとつ、私たちの身近なところに「オリンピック」があったんですそれが
スペシャルオリンピックス(SO)」
と呼ばれているものです。
 
それ、「パラリンピック」のことでしょ?と思われた方。わたしも最初そう思いました。でも実はスペシャルオリンピックス(SO)には、パラリンピックにも参加出来ないような、知的発達障害をもつ人たちが参加されているんです。

そう、パラリンピックに参加できるのは身体的な機能に障害を抱えている人たちで、通常のオリンピックと同様に定期的に世界で開催されていますので知名度注目度もありますよね。
でも、スペシャルオリンピックス(SO)の活動は一年中・世界中で日常的に行われているんです
そこが大きな特徴であり、また、素晴らしいことだなと感じました。

たしかに、同じ障害を持つ方々が親睦を深めたり、切磋琢磨しあう場としての「パラリンピック」もとても素晴らしい活動であることに違いはありませんが、世界にはそこにも参加出来ないような知的障害を持つ方々も多くいるんです。
スペシャルオリンピックス(SO)は、そんな人たちのためにスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。
SOでは、これらのスポーツ活動に参加する知的発達障害のある人たちをアスリートと呼んでいます。
(主催しているのは認定NPO法人 スペシャルオリンピックス日本で、設立は1994年11月。あの女子マラソン金メダリストの有森裕子さんが代表を務められています。)
もともと、アメリカ合衆国の故ケネディ大統領の妹ユニス・ケネディ・シュライバー夫人が、自宅の庭を開放し開いたデイ・キャンプがスペシャルオリンピックス(SO)の始まりで、彼女の姉ローズマリーは知的発達障害者でした。
1968年にジョセフ・P・ケネディJr財団の支援により組織化され、「スペシャルオリンピックス」となり、全米から世界へと拡がっていきました。
現在本部をアメリカ、ワシントンD.C.におき、165ヵ国以上で、約250万人のアスリートと70万人のボランティアが活動に参加しています。(2006年末時点)
日本では1994年に設立後、2001年にはNPO法人格を取得し、名称を「認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本」と言います。
現在も年間を通じて全国で様々な活動が行われています。
スペシャルオリンピックスへ参加出来る方の何点かの要件として、次の3点が挙げられています。
専門機関や専門家により知的発達障害があるとされている
標準的な知能検査により知的な遅れが確認されている
発達障害と関連したものがある
(ここでの発達障害とは、一般的な学習能力と生活能力の両方の能力に制限があることとする)

知的発達障害とは・・・
学習することがゆっくりで、また学習可能な範囲に制限がある人を知的発達障害のある個人としています。
スペシャルオリンピックスでは、上記の要件のうちいずれかに該当する場合アスリートとして参加できます。



以下、スペシャルオリンピックス(SO)の公式HPから 代表である有森裕子氏のメッセージを紹介します。

 「みなさま、スペシャルオリンピックス(SO)をご存知でしょうか?」
action03.jpg
日本での認知はまだ低いですが、アメリカで始まったこの活動は今年創立40年の記念の年を迎え、世界180ヶ国以上で250万人の知的発達障害のある人(アスリート)と70万人のボランティアが参加する国際的なスポーツ組織となりました。
日本国内での活動は来年創立15周年を迎え、次のステップに向かって新たなスタートを迎えました。現在ではほぼ全国に地区組織を置き、約6,540人のアスリートが活動に参加する大きなムーブメントです。
この活動は一過性のスポーツイベントではありません。SOは、地域での継続的なスポーツトレーニングと、発表の場である競技会の提供、及び世界大会への選手団派遣を実施し、活動を通して、知的発達障害のある人たちの自立と社会参加を促進することを目的としております
SO活動を通じ、互いの違いを認めあい共に生きていく社会創りへの架け橋となること、それがスペシャルオリンピックスムーブメントです。
昨今、企業の社会的責任(CSR)における社会貢献のあり方として、SO活動でのボランティア参加とその効果にも注目が集まってきております。
地域社会でアスリートが自らの能力をより発揮できるチャンスと、それを活かせる場を、スポーツを通して継続的に提供し、全ての人々が共に生きる社会の実現に向って新たにスタートいたします。
一人でも多くの皆さまのご理解、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
   
2008年4月  有森裕子


 この夏、もうひとつ身近なオリンピックに触れて、ぜひ熱い応援を送ってあげてくださいね。

 
 
*スペシャルオリンピックス(SO)公式HP http://www.son.or.jp/



スポンサーサイト

2012.07.31(Tue) | 日記 | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。